心が壊れる子どもたち

宮川俊彦 著

子どもたちの叫びが聞こえる。30万人の作文からわかった心の病理、次世代新人類の自己喪失現象を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 自壊してゆく子どもたち(おとうさまはきらいです
  • これが生きているってことなの?
  • 命だってお金で買える
  • こじきなんてやっつけちゃえ
  • こんな仕事はバカがやる ほか)
  • 2章 子どもたちのゆくえ(自壊への一里塚
  • 沈殿してゆく子どもたち
  • さらに過激になる子どもたち
  • どの子にも問題の根はある)
  • 3章 危険信号にどう応えるか(色や味を問う
  • 理由わけを尋ねる
  • なんでも言える場をつくる
  • 創ることを習慣づける
  • 面と向かうこと向かいすぎないこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心が壊れる子どもたち
著作者等 宮川 俊彦
書名ヨミ ココロ ガ コワレル コドモタチ
書名別名 危険信号にどう応えるか

Kokoro ga kowareru kodomotachi
出版元 講談社
刊行年月 1987.4
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 4062032864
NCID BN0139827X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87032033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想