反核・反原発・エコロジー : 吉本隆明の政治思想批判

土井淑平 著

世紀末的出来事に象徴される科学技術神話の崩壊の時代に、なおも現代の科学技術を「神話化」する「体制護持」の言説が横行している。著者は、これら体制護持の言説を批判しつつ、60年代末のベトナム反戦と学生反乱のあとを受けた70年代以降の住民運動・市民運動を広義のエコロジー運動として位置づけ、内外のぼう大なデータから反核・反原発・エコロジーの大義を説き、21世紀に向けて「オルターナティブ」(もうひとつの)生活と文化の在り方を開示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 西欧の反核運動
  • 第2章 日本の反核運動
  • 第3章 もうひとつの反核運動
  • 第4章 反原発運動
  • 第5章 エコロジー
  • 結び 吉本隆明の政治思想批判

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反核・反原発・エコロジー : 吉本隆明の政治思想批判
著作者等 土井 淑平
書名ヨミ ハンカク ハン ゲンパツ エコロジー
出版元 批評社
刊行年月 1986.12
ページ数 382p
大きさ 20cm
NCID BN01394552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87014821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想