謎の十字架 : メトロポリタン美術館はいかにして世紀の秘宝を得たか

トマス・ホーヴィング 著 ; 田中靖 訳

これは冒険小説? それとも美術界内幕暴露? 十字架をめぐる冒険。世界の美術界の知られざる内幕、美に憑かれた青年の野心と情熱。この本を読むとつぶやきたくなる「いつの日か、必ず実物を見てやる」と。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ はじめに...ありき
  • 好運待ちのゲーム
  • ゲームの一員となる
  • 探索のはじまり
  • 贋作と傑作
  • "贋作の絵"
  • 十字架
  • 隠し撮り
  • 過酷な条件
  • 一縷の望み
  • 老いた通人の歌
  • 思いがけぬ発見
  • ピンぼけ写真
  • チェスゲーム
  • 憎しみの連祷
  • 告白
  • 前進あるのみ
  • 真夜中の鐘は鳴る
  • 名匠ヒューゴ
  • 懺悔する者たちの王
  • エピローグ 学者、ライヴァル、スパイ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 謎の十字架 : メトロポリタン美術館はいかにして世紀の秘宝を得たか
著作者等 Hoving, Thomas
Hoving, Thomas Pearsall Field
田中 靖
ホーヴィング トマス
書名ヨミ ナゾ ノ ジュウジカ
書名別名 King of the confessors
出版元 文芸春秋
刊行年月 1986.4
ページ数 324p
大きさ 20cm
ISBN 4163404201
NCID BN01393050
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86032414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想