社会病理の分析視角 : ラベリング論・再考

徳岡秀雄 著

犯罪・非行を典型とする社会病理現象への、新しい理論的パースペクティブの提示。社会的逸脱への過程、逸脱行為とそれに対する周囲の評価、逸脱を増幅する社会のメカニズムなどを、ラベリング論を援用・吟味しながら考究し、対策の提案にまで至る。ラベリング論および実証主義の方法と社会病理現象の解明とを融合させた斬新な研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 予言の自己成就過程
  • 第2章 ラベリング論の概観
  • 第3章 セレクティブ・サンクション
  • 第4章 「欠損」家族は非行原因か
  • 第5章 アイデンティティ形成
  • 第6章 自己成就的予言としての矯正可能性
  • 第7章 逸脱増幅モデル
  • 第8章 対策へのインプリケーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会病理の分析視角 : ラベリング論・再考
著作者等 徳岡 秀雄
書名ヨミ シャカイ ビョウリ ノ ブンセキ シカク
シリーズ名 現代社会学叢書
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1987.9
ページ数 277, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4130550144
NCID BN01386372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87057997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想