石油と中東が世界を決める

小山茂樹 著

米ソを直撃する石油価格下落。一触即発のペルシア湾情勢。世界経済の破局は目前に迫った!中東問題の第一人者が描く危機の構図。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 石油価格崩落とOPECの新戦略(石油価格崩落のドラマ
  • サウジアラビアの挫折と変身
  • イ・イ戦争にらんだOPEC戦略)
  • 第2部 イスラム革命が中東を変えた(イラン・イスラム革命の意味
  • 波高しペルシア湾
  • 揺らぐサウジアラビア王制)
  • 第3部 石油と中東が世界を決める(エネルギー自立に失敗したアメリカ
  • 行き詰まるソ連の石油・中東政策
  • 中東世界の苦悩は深く
  • 非OPECの終焉と湾岸の危機)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石油と中東が世界を決める
著作者等 小山 茂樹
書名ヨミ セキユ ト チュウトウ ガ セカイ オ キメル
出版元 時事通信社
刊行年月 1987.9
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 4788787261
NCID BN01384537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88039571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想