日本の企業家と社会文化事業

川添登, 山岡義典 編著

深刻な摩擦をもたらした経済優先の思想に唯一対置しうるのはフィランソロピーの思想である。日本的な活動を模索した企業家たちの思想と行動を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 背景としての大正期
  • 第1章 森村市左衛門と森村豊明会
  • 第2章 原田二郎と原田積善会
  • 第3章 斎藤善右衛門と斎藤報恩会
  • 第4章 安田善次郎と東京市政調査会
  • 第5章 大原孫三郎と大原三研究所
  • 第6章 森本厚吉と文化普及会
  • 第7章 渋沢敬三とアチック・ミューゼアム
  • 第8章 皇室からの下賜金と財閥家の寄附
  • 第9章 新聞社の社会文化事業
  • 第10章 関西の経済界と社会文化事業
  • 第11章 日米間の民間交流事業(大正期の日米関係と日米協会の発足
  • 日米協会の事業-1917〜24)
  • 終章 日本型フィランソロピーの模索

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の企業家と社会文化事業
著作者等 山岡 義典
川添 登
書名ヨミ ニホン ノ キギョウカ ト シャカイ ブンカ ジギョウ
書名別名 大正期のフィランソロピー

Nihon no kigyoka to shakai bunka jigyo
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1987.6
ページ数 233, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4492060405
NCID BN01372141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87042497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想