火の海の墓標 : ある<アジア主義者>の流転と帰結

後藤乾一 著

[目次]

  • 1 彷徨の少年時代(丙午の生まれ
  • カトリック入信
  • 小学校入学
  • 中学校入学と中退)
  • 2 渡南への道(渡南の契機
  • からゆきさん
  • トコ・ジュパンの登場
  • 南洋協会の成立
  • 竜夫、パレンバンへ
  • 南洋邦人社会の二重性
  • 一等国民の目
  • 思索を糧を求めて
  • 日本人社会への疑問
  • インドネシア語への親近感
  • 当時のインドネシア民族運動
  • "花の都"バンドゥンへ
  • 弟直大の死
  • エロス写真館に勤務
  • バス車掌となる
  • イティとの結婚生活)
  • 3 「国策」と「アジア解放」のはざまで(祖国の動向への関心
  • 一九三〇年代の親日感情
  • 日本の南洋運動
  • 第一次日蘭印会商
  • 竜夫、新聞記者となる
  • 南進政策の登場
  • 「日蘭商業新聞」
  • 蘭印政庁の対日警戒
  • "親日派"の民族主義者-スバルジョとタムリン
  • 東京での竜夫
  • 風雲急を告げる国際情勢
  • 岩田愛之助グループの活動
  • 大日本回教協会の発足
  • 東印度共栄同士会の活動
  • 佐藤信英の活動)
  • 4 日本軍政をみつめて(第十六軍宣伝班員となる
  • インドネシアの好意的反応
  • 軍政のホンネと市来の憤懣
  • 『赤道報』と『うなばら』
  • 市来とインドネシア語
  • 二つの軍政観
  • 市来と「スメラ」思想
  • 大東亜会議とインドネシア
  • ジャワ郷土防衛義勇軍と市来
  • 化物屋敷に住んで
  • 随筆「おいしい食物」
  • 「東印度」の独立容認
  • 義勇軍の反日運動
  • スカルノのパンチャ・ダルマ演説
  • 運命の年)
  • 5 アブドゥル・ラフマン・イチキの流転と帰結("敗戦"と義勇軍解散
  • 八月十五日以後の市来
  • インドネシア独立軍で
  • 同志・吉住留五郎死す
  • 特別ゲリラ隊の誕生
  • アブドゥル・ラフマン・イチキの死
  • 「命短き桜花」
  • エピローグ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火の海の墓標 : ある<アジア主義者>の流転と帰結
著作者等 後藤 乾一
書名ヨミ ヒ ノ ウミ ノ ボヒョウ
書名別名 Hi no umi no bohyo
出版元 時事通信社
刊行年月 1977.3
版表示 オンディマンド版
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7887-0675-0
NCID BA83295506
BN01358005
BN10564008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77012914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想