ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学

E.フッサール 著 ; 細谷恒夫, 木田元 共訳

本書はフッサールが最晩年、ナチスの非合理主義の嵐が吹きすさぶなか、ひそかに書き継いだ現象学的哲学の総決算である。彼はその時代批判を、近代ヨーロッパ文化形成の歴史全体への批判として展開し、人間の理念をめぐる闘争の過程であった歴史そのもののうちに、自らの超越論的現象学の動機を求める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヨーロッパ的人間の根本的な生活危機の表現としての学問の危機
  • 第2部 近代における物理学的客観主義と超越論的主観主義との対立の起源の解明
  • 第3部 超越論的問題の解明とそれに関連する心理学の機能

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学
著作者等 Husserl, Edmund
木田 元
細谷 恒夫
フッサール エドムント
書名ヨミ ヨーロッパ ショガク ノ キキ ト チョウエツロンテキ ゲンショウガク
書名別名 Yoroppa shogaku no kiki to choetsuronteki genshogaku
出版元 中央公論社
刊行年月 1974
ページ数 425p
大きさ 22cm
ISBN 4122023394
NCID BN01357625
BN12816633
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74002511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想