日露戦争の事典 : 近代日本の分水嶺

原田 勝正【監修】

「天に代りて不義を討つ 忠勇無双のわが兵は」、これは日露戦争の最中に発表された『日本陸軍』の冒頭の句である。満州事変から日中戦争にかけて、出征兵士を送るときによくうたわれた。戦争には、もともと「義戦」とする意識や、そのような意識を強調する傾向がつよいが、日露戦争のときも例外ではなかった。日清戦争直後の、いわゆる三国干渉にはじまり、ロシアの東方侵略の脅威が具体化すると、日本は「大国」ロシアに立ち向かおうとする姿勢をつよめた。「いつかは遼東半島を取り返そう」と伊藤博文に語ったといわれる明治天皇をはじめとして、「臥薪嘗胆」は合言葉となった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日露戦争の経過(日本・ロシア・イギリス
  • 日露開戦への道程
  • 32万の大部隊、南満州へ
  • 旅順をめぐる陸海の攻防
  • 旅順陥落
  • 奉天会戦と日本海海戦
  • 日露講和)
  • 第2部 用語編
  • 第3部 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日露戦争の事典 : 近代日本の分水嶺
著作者等 原田 勝正
書名ヨミ ニチロ センソウ ノ ジテン
シリーズ名 Sun lexica 34
出版元 三省堂
刊行年月 1986.6
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 4385154864
NCID BN01356892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86042572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想