地すべりとその対策

ザルバ, メンツル 共著 ; 松尾新一郎 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者のことば
  • 序文
  • 第1章 概論 / 1
  • 1.1 用語の定義 / 1
  • 1.2 地すべりの経済的重要性 / 2
  • 第2章 土質力学および岩盤力学の観点からみた地すべり発生 / 20
  • 2.1 概説 / 20
  • 2.2 斜面破壊の発達に及ぼすセン断抵抗の発揮の影響 / 21
  • 2.3 斜面破壊の発達に及ぼす応力状態の影響 / 26
  • 2.4 地下水の影響 / 28
  • 2.5 粘性流動 / 29
  • 第3章 地すべり運動の要因 / 31
  • 1 斜面コウ配の変化 / 31
  • 2 堤防,盛土,捨土による過剰載荷 / 31
  • 3 衝撃と振動 / 31
  • 4 含水量の変化 / 32
  • 5 地下水の影響 / 32
  • 6 凍結の影響 / 32
  • 7 岩石の風化作用 / 32
  • 8 斜面の植生の変化 / 33
  • 3.1 斜面移動と降雨量との相関性 / 33
  • 第4章 地すべり現象の分類 / 36
  • 4.1 地すべりの地質学的発達とその年代 / 38
  • 第5章 主な地すべりの型の地質学的定義 / 40
  • 5.1 表層堆積物の斜面移動 / 40
  • 5.1.1 岩屑のクリープ / 40
  • 5.1.2 基盤の屈曲 / 41
  • 5.1.3 層状すべり / 42
  • 5.1.4 土石流 / 46
  • 5.1.5 Handlová近くの土石流 / 49
  • 5.1.6 岩屑流動 / 61
  • 5.1.7 砂の洗出しによってひき起こされる地すべり / 64
  • 5.2 泥質岩の地すべり / 67
  • 5.2.1 円筒形すべり面に沿う地すべり / 67
  • 5.2.2 古いすべり面上の泥質岩の地すべり / 75
  • 5.2.3 軟岩の抜け出しにより生ずる斜面移動 / 78
  • 5.3 硬岩のすべり / 88
  • 5.3.1 既存面に沿う岩石のすべり / 89
  • 5.3.2 山地斜面の長期的変形(重力すべり) / 96
  • 5.3.3 岩石の崩落 / 98
  • 5.4 特殊な型のすべり運動 / 102
  • 5.4.1 ソリフラクション / 102
  • 5.4.2 鋭敏な粘土 / 103
  • 5.4.3 水中に生ずるすべり / 104
  • 第6章 地すべりの地質調査 / 107
  • 6.1 野外調査 / 107
  • 6.1.1 地すべり地域の調査 / 107
  • 6.1.2 航空写真の地すべり調査への利用 / 108
  • 6.1.3 地すべり斜面の地質図の作成 / 108
  • 6.1.4 水理地質学的調査 / 117
  • 6.1.5 すべり面の形状の決定 / 118
  • 6.1.6 地すべり運動の調査 / 121
  • 6.1.7 残留水平応力の測定 / 123
  • 6.1.8 土中の電気ポテンシャルの測定 / 126
  • 6.2 室内調査 / 126
  • 6.3 岩石の試験 / 127
  • 6.4 非粘性土と岩屑 / 129
  • 6.5 粘性土 / 131
  • 6.5.1 鉱物学的成分 / 131
  • 6.5.2 粘性土の性質の良き指標であるアッターベルグ限界 / 133
  • 6.5.3 粘性土の強度 / 134
  • 6.5.4 即時変形係数の決定 / 137
  • 6.5.5 圧縮下の圧密速度 / 138
  • 第7章 調査の解釈と安定解析 / 140
  • 7.1 調査作業中の予備解析 / 140
  • 7.2 切土の設計 / 141
  • 7.2.1 すべり面の形 / 142
  • 7.2.2 関係諸作用力の大きさ / 143
  • 7.2.3 土と岩盤の強度問題 / 145
  • 7.2.4 安全率 / 146
  • 7.2.5 狭義の安定解析 / 149
  • 7.2.6 Petterssonの方法 / 151
  • 7.2.7 Bishopの方法 / 152
  • 7.3 すべりつつある斜面の安定化 / 155
  • 第8章 対策工 / 158
  • 8.1 安定工法の計画 / 158
  • 8.2 斜面形状の処理 / 159
  • 8.3 地すべりの排水 / 161
  • 8.3.1 表面排水 / 161
  • 8.3.2 地下排水 / 163
  • 8.4 植生による地すべりの安定化 / 169
  • 8.5 擁壁と類似構造物 / 171
  • 8.6 ロック・ボルト / 177
  • 8.7 クイによる斜面の安定 / 180
  • 8.8 地盤の硬化 / 181
  • 8.9 爆破によるすべり面の破壊 / 186
  • 第9章 斜面破壊の防止 / 187
  • 9.1 土木地質学的調査のプログラム / 187
  • 9.2 現場の選択 / 189
  • 9.2.1 直線的特性を持つ構造物(交通機関,下水道,水路) / 189
  • 9.2.2 都市計画 / 189
  • 9.2.3 水工構造物 / 191
  • 9.3 土工の設計 / 193
  • 9.4 施工作業 / 196
  • 第10章 チェコスロバキア国内における地すべり調査 / 198
  • 10.1 ボヘミア底盤山地における地すべり発生と分布 / 199
  • 10.1.1 ボヘミア白亜紀層における地すべり / 202
  • 10.1.2 České středohoři山の地すべり / 204
  • 10.1.3 第三紀北ボヘミア盆地における地すべり / 208
  • 10.2 カルパチア地域における地すべりの分布とその型 / 210
  • 10.2.1 カルパチアのフリッシュ地域における地すべり / 210
  • 10.2.2 第三紀の火山岩類の縁辺地すべり地 / 216
  • 10.2.3 カルパチアの前陸盆地の新第三紀層の地すべり / 216
  • 10.2.4 カルパチア内部盆地における地すべり / 219
  • 10.2.5 より古い地層における地すべり / 219
  • 付録 斜面工法の諸基準 / 222
  • 参考文献 / 235
  • 索引 / 244

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地すべりとその対策
著作者等 Mencl, Vojtech
Záruba, Quido
松尾 新一郎
メンツル
ザルバ
書名ヨミ ジスベリ ト ソノ タイサク
出版元 鹿島研究所出版会
刊行年月 1971
ページ数 249p
大きさ 22cm
NCID BN01352880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69005223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想