貴種と転生

四方田犬彦 著

物語の誕生とは何か、物語にとって特権的な「異界」は現代小説の中でいかなる変容をとげたか、歴史はいかに物語として作られるか、物語の主人公たちが執拗なまでに父親を殺し続けるのはなぜか-母胎的な空間の中で神話的な転生を繰り返す青年を主題とする中上文学に、不可能性に直面する物語の蘇生を見る現代長編小説論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 五衰の悦び
  • 第2章 異界の変容
  • 第3章 偽史と情熱
  • 第4章 貴種の終焉
  • 第5章 スパルタ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貴種と転生
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ キシュ ト テンセイ
書名別名 Kishu to tensei
出版元 新潮社
刊行年月 1987.8
ページ数 221, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4103671017
NCID BN01348216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87053870
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想