アイヌ民族抵抗史

新谷行 著

[目次]

  • 序詩 / 3
  • 古代天皇国家の辺境征服と原住民族の戦い / 17
  • 一 「蝦夷征伐」とは何か? / 17
  • 二 蝦夷とアイヌ / 23
  • 三 東北蝦夷への支配と懐柔 / 28
  • 四 アザマロの反乱 / 34
  • 五 アテルイの戦い / 41
  • 六 アテルイ以後の東北 / 51
  • 和人の蝦夷地侵入とアイヌ民族 / 56
  • 一 アイヌモシリの世界 / 56
  • 二 火の神への祈り / 60
  • 三 津軽海峡を越えて / 69
  • 四 松前藩史とコシャマインの蜂起 / 76
  • シャクシャインの独立戦争 / 86
  • 一 シャクシャイン戦争の記録 / 86
  • 二 蝦夷地交易の実態 / 88
  • 三 和人によるアイヌ部族間の対立工作 / 96
  • 四 シャクシャイン戦争とその後 / 101
  • 奴隷の島・クナシリ(国後) / 110
  • 一 クナシリ酋長ツキノエと飛驒屋の場所請負 / 110
  • 二 クナシリ島の奴隷労働 / 121
  • 三 挫折した蜂起 / 128
  • 四 ノッカマプの惨劇 / 134
  • ユーカラ・地の底からの歌 / 140
  • 一 幕府の蝦夷地・アイヌ政策 / 140
  • 二 松浦武四郎とアイヌモシリ / 148
  • 三 ユーカラの英雄ポンヤウンペ / 158
  • 明治国家の北海道・植民地経営 / 174
  • 一 近代国家の成立と蝦夷地併合 / 174
  • 二 北海道開拓の本質 / 179
  • 三 旧土人保護法とは何か / 185
  • 四 皇民化教育の強制 / 194
  • アイヌ・民族の世界の発見 / 201
  • 一 大地の存在するかぎり、アイヌの魂は滅びない / 201
  • 二 違星北斗、アイヌ復興の精神 / 202
  • 三 バチェラー・八重子、戦いへの目覚め / 213
  • 四 森竹竹市の『原始林』 / 218
  • 五 小信小太郎のアイヌ学者批判 / 224
  • 解放への希望と挫折 / 231
  • 一 日本の敗戦とアイヌ民族自治への気運 / 231
  • 二 アイヌ「給与地」返還要求 / 236
  • 三 アイヌ協会と『アイヌ新聞』 / 241
  • アイヌ共和国建設への胎動 / 252
  • 一 <風雪の群像>事件 / 252
  • 二 シャクシャイン像の建設 / 255
  • 三 鳩沢佐美夫の提言と独立への道 / 260
  • 四 アイヌモシリの復活のために / 275
  • 学会糾弾とシャクシャイン像台座破壊 / 279
  • 一 アイヌ研究学会への公開質問 / 279
  • 二 橋根直彦、獄中からのペウタンケ / 288
  • 三 シャクシャイン像台座文字破壊の意味 / 298
  • 四 ノッカマプのイチャラバ / 308
  • 後記 / 313
  • 増補版あとがき / 319

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 アイヌ民族抵抗史
著作者等 新谷 行
書名ヨミ アイヌ ミンゾク テイコウシ
シリーズ名 三一新書
出版元 三一書房
刊行年月 1977.7
版表示 増補
ページ数 320p
大きさ 18cm
ISBN 438072011X
NCID BN01345808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77012098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想