近世大阪の経済と町制

宮本又次 著

[目次]

  • 近世大阪の経済と町制
  • 第一章 金融史から見た大阪と江戸
  • 一 大阪の両替屋と江戸の両替屋 / 7
  • 二 金座と銀座 / 12
  • 三 銅座と銭座 / 16
  • 四 御用金から見た大阪と江戸 / 20
  • 五 大阪の蔵元・掛屋と大名貸 / 25
  • 六 江戸の札差 / 28
  • 七 名目金と御貸付金 / 33
  • 八 大阪の質屋と江戸の質屋 / 40
  • 九 高利貸と金銭貸借と分散 / 43
  • 一〇 頼母子と無尽と富と座頭金 / 47
  • 第二章 職人史から見た大阪と江戸
  • 一 大工頭と五畿内・近江の山村与助 / 57
  • 二 山村与助家と中井氏 / 61
  • 三 山村氏と大阪の諸職 / 63
  • 四 江戸と諸職棟梁 / 65
  • 五 特権的町人と御用聞職人 / 67
  • 六 大阪・江戸の平職人 / 69
  • 七 居職職人と職人町と問屋制家内工業の職工 / 74
  • 第三章 住友家の両替業開始と金銀御為替御用達
  • 一 住友家の両替業開始 / 81
  • 二 泉屋江戸店と両替業 / 89
  • 三 両替業の移り行きと金銀御為替御用達 / 95
  • 第四章 大阪の発展
  • 一 大阪市街の発展 / 111
  • 二 伏見組 / 118
  • 三 伏見組と長堀と道頓堀の町々 / 121
  • 四 地子免除と惣年寄 / 123
  • 五 河川の開削と新地 / 125
  • 第五章 大阪の町制(上)
  • 一 大坂城代と定番・大番・加番の制 / 131
  • 二 大阪町奉行 / 135
  • 三 町奉行の位置とその権限 / 138
  • 四 大阪町奉行の範囲と城代の立場 / 141
  • 五 城代と大阪町奉行の任務 / 143
  • 六 天満の地と与力同心の収入 / 145
  • 七 与力同心の役方 / 148
  • 八 「浪華御役録」と天満の地の有様 / 155
  • 九 公事宿について / 157
  • 一〇 御役録の出版元 / 158
  • 一一 四ヶ所と長吏 / 159
  • 一二 木戸番と垣戸番 / 163
  • 一三 高札場と日本橋 / 170
  • 第六章 大阪の町制(下)
  • 一 惣年寄と惣代その他 / 173
  • 二 町年寄と町代 / 181
  • 三 大阪の町人とお町内 / 189
  • 四 大阪町人の負担 / 201
  • 五 大阪における町内に関する基準 / 208
  • 第七章 大阪の町制文書
  • 一 大阪の町制における諸文書 / 213
  • 二 水帳 / 214
  • 三 みなみの水帳成立 / 217
  • 四 家持借家宗旨人別帳 / 220
  • 五 「宗旨人別帳」と「巻」について / 222
  • 六 諸宗旨寺々五人組帳 / 227
  • 七 五人組帳 / 233
  • 八 町内式目 / 235
  • 第八章 南米屋町と菊屋町の町内式目
  • 一 南米屋町の場合 / 251
  • 二 菊屋町の場合 / 260
  • 第九章 長堀茂左衛門町の「町式目」と鰻谷の住友家
  • 一 島之内の沿革と鰻谷 / 275
  • 二 長堀茂左衛門町、文化二年六月の「町式目」 / 285
  • 三 長堀茂左衛門町、天保十五年五月の「町内式目」 / 297
  • 第十章 南組高間町の「町式目」 / 311

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世大阪の経済と町制
著作者等 宮本 又次
書名ヨミ キンセイ オオサカ ノ ケイザイ ト チョウセイ
出版元 文献
刊行年月 1985.8
ページ数 331p 図版13枚
大きさ 22cm
NCID BN01337107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86047557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想