ホレーショーの哲学

外山滋比古 著

英文学者であり、エッセイストとしても名高い著者が、日常見すごされがちな話題をとらえて、軽妙な筆致と知的刺激に富む展開によって綴る好エッセイ集。一篇一篇が、読者論であり、ことばの文化論であり、また英語教育、さらには英文学、とりわけシェイクスピア等を再考するための新視点をもつ興味深い評論群でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二つの世界
  • 英文解釈法
  • 距離の美学
  • シェイクスピアのイメジ
  • 外国人読者
  • 文学史の問題覚え書
  • ピーピング・トム
  • ホレーショーの哲学
  • 漱石のたおやめぶり
  • アイロニー
  • 著作権
  • 外国を読む
  • 外来語
  • バーナード・ショーの手紙
  • センテンスのセンス
  • 語り部シェイクスピア
  • 母親不在のシェイクスピア劇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホレーショーの哲学
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ ホレーショー ノ テツガク
書名別名 Horesho no tetsugaku
出版元 研究社
刊行年月 1987.8
ページ数 224p
大きさ 20cm
ISBN 4327480932
NCID BN01331064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87055531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想