「頑張り」の構造 : 日本人の行動原理

天沼香 著

日本人は「頑張る」民族である。日常生活にあふれる日本人の「頑張り」とは何か。本書では「頑張り」を日本人の行動原理の核の一つと考え、歴史学・文化人類学の両面から日本民族のコア・パーソナリティーに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本民族性論考究の前提
  • 2 日本人移民の言動・思考
  • 3 「頑張り」を考える(1)
  • 4 「頑張り」を考える(2)
  • 5 さまざまな「頑張り」
  • 6 日本人はなぜ「頑張る」のか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「頑張り」の構造 : 日本人の行動原理
著作者等 天沼 香
書名ヨミ ガンバリ ノ コウゾウ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.6
ページ数 176p
大きさ 19cm
ISBN 4642072667
NCID BN01330458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87042469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想