神の比較社会学

橳島次郎 著

一貫した論理をもってつらぬかれた視野の大きい比較社会学的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 問題意識としての"神"
  • 協働=共同の<力>としての<神>(オーストラリア原住民の宗教
  • 「憑依宗教」)
  • <神>の超越と転落-「転回された共同態」における<力>の権力化と相剋化(首長と神
  • 琉球王国
  • 日本近世封建社会と神々
  • 「転回された共同態」と近代市民社会)
  • <神>の超越と転落-市民社会における<力>の物象化と集列化(古代ユダヤ教
  • 原始・中世キリスト教
  • 西欧近代市民社会の成立)
  • 「消費」と「信仰」-現代社会における神のゆくえ(「神の死」の哲学
  • 「大衆消費社会」
  • 「新・新宗教の時代」)
  • 結 現代の思想的課題としての<神>-共生の思想のためのヴィジョン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神の比較社会学
著作者等 橳島 次郎
〓島 次郎
書名ヨミ カミ ノ ヒカク シャカイガク
書名別名 Kami no hikaku shakaigaku
出版元 弘文堂
刊行年月 1987.8
ページ数 267, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4335550308
NCID BN01319921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87054484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想