ルポルタージュ進学塾 : 中学受験を考える父母へ

早川裕子, グループわいふ 著

小学校時代に塾に通わせるのがいいのかどうか、理想と現実のはざまでゆれ動いている多くの親の気持ちを受けて、母親の眼で進学塾とその周辺の親や子どもを追い続けたのが、この本である。進学塾に対する消費者運動のつもりで、私はこの1冊を書いた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幼い戦士たちの朝
  • 1 飽塾の時代に(中学受験界に君臨する四谷大塚進学教室
  • 中学受験一筋にかける日能研
  • 企業路線をひた走る国立学院と東進スクール
  • その他の特徴ある塾)
  • 2 迷える親たちは(私立中学入学断念の背景
  • 志望校への最短距離を走るとき
  • 親子で演じたシーソーゲーム
  • モーレツ塾特訓が残したもの)
  • 3 進学塾の功罪(私立中学受験ブームの背景
  • 二重構造の中で問われるもの
  • 塾のメリット・ディメリット)
  • 4 塾通い総決算-大学生・社会人になってみて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルポルタージュ進学塾 : 中学受験を考える父母へ
著作者等 グループわいふ
早川 裕子
書名ヨミ ルポルタージュ シンガクジュク
シリーズ名 有斐閣新書
出版元 有斐閣
刊行年月 1987.1
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4641090726
NCID BN01317722
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87019954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想