琉球の研究

加藤三吾 著

[目次]

  • 琉球の研究
  • 目次
  • 序 吉田東伍 / 1
  • 自序 / 3
  • 第一章 琉球の名称考 / 15
  • 第二章 琉球の開闢談 / 22
  • 第三章 琉球の沿革並びに史論 / 30
  • 一 第一期 舜天時代より西威時代に至る / 30
  • 二 史論の一 / 31
  • 三 第二期 察度時代より尚徳時代に至る / 35
  • 四 史論の二 / 37
  • 五 第三期 尚円時代より尚泰時代に至る / 39
  • 六 史論の三 / 43
  • 七 史論の四 / 45
  • 八 史論の五 / 47
  • 九 史論の六 / 54
  • 第四章 琉球の地文 / 59
  • 一 琉球の位置及び区域 / 59
  • 二 琉球列島の地形及び地質 / 60
  • 三 沖縄本島の地形及び地質 / 61
  • 四 気候 / 63
  • 五 植物 / 65
  • 六 動物 / 66
  • 第五章 琉球の人文 / 69
  • 一 制度沿革 / 69
  • 二 産業、交通 / 70
  • 三 教育、兵事 / 71
  • 四 宗教、犯罪 / 74
  • 五 風俗、習慣 / 76
  • イ 家屋(御殿、殿內、農家) / 76
  • ロ 飲食物(常食物、副食物、嗜好物) / 78
  • ハ 服装(昔の階級服制、婦女の服装) / 80
  • ニ 婚姻(新婚、入墨) / 83
  • ホ 葬礼(葬式、墳墓の構造) / 84
  • ヘ 遊技(蛇皮線、競馬、角力、唐手、芝居、三日遊、爬竜船、綱曳、南島踊) / 86
  • ト 年中行事(田舍の祝祭) / 89
  • チ 雑爼(藁算、象形字、海神祭、糸満漁夫、田舍古俗、通貨、原勝負) / 93
  • 第六章 琉球の名所旧蹟 / 97
  • 一 那覇港の人煙 / 97
  • 二 泊浦の名残 / 101
  • 三 首里城の夕照 / 107
  • 四 田舎の旅路 / 116
  • 五 離島の帆影 / 133
  • 第七章 琉球の言語文章 / 136
  • 一 神歌 / 139
  • イ おもろ(あかいんこのおもろ、かみつきのおもろ) / 139
  • ロ おむい / 141
  • ハ おがんつつ及びおたかべ(みおやだいりのおがんつつ、麦種下のおかたべ) / 143
  • ニ くゎいにゃ(うりぢんくゎいにゃ) / 146
  • 二 琉歌 / 149
  • イ 短歌 / 150
  • ロ 仲風 / 156
  • ハ 長歌 / 156
  • ニ 口説 / 158
  • 三 俗謡 / 160
  • イ 臼太鼓ふし / 160
  • ロ 国頭さばくり / 160
  • ハ 子守歌 / 161
  • ニ 童謠 / 162
  • ホ 流行歌(德利、平良辻の茶売) / 163
  • 四 戯曲 / 167
  • イ 狂言(老若縁組) / 167
  • ロ 組踊(手水の緣一名波平山、義臣物語一名国吉の比屋) / 172
  • 五 和文及び和歌 / 200
  • イ 貧家記 / 201
  • ロ 苔の下 / 208
  • ハ 和歌 / 218
  • 六 碑文漢文及び詩 / 220
  • イ ようとれのひのもん / 221
  • ロ 琉球国新建至聖廟記 / 222
  • ハ 独物語 / 222
  • ニ 東苑八景 / 223
  • 思い出の記 加藤順子 / 225
  • 父・加藤三吾のこと 山田寿々子 / 229
  • 年譜 外崎克久 / 235
  • 『琉球の研究』の学史的位置 野口武徳 / 241

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 琉球の研究
著作者等 加藤 三吾
書名ヨミ リュウキュウ ノ ケンキュウ
出版元 未来社
刊行年月 1975
ページ数 268p 図
大きさ 20cm
NCID BN01316945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73013844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想