近代北海道史研究序説

桑原真人 著

[目次]

  • 目次
  • 序章 北海道史上の「近代」 / 1
  • 一 北海道と沖縄 / 1
  • 1 「内地」と「本土」 / 1
  • 2 内国植民地=北海道 / 2
  • 3 本州・北海道・沖縄 / 4
  • 4 教育問題と内国植民地 / 6
  • 5 近代北海道史の可能性 / 9
  • 二 本書の課題と構成 / 11
  • 第一章 北海道開拓論の興隆 / 19
  • 第一節 北海道開拓論の興隆 / 19
  • 一 はじめに / 19
  • 二 国内移住と海外移住 / 21
  • 三 海外移住論 / 30
  • 四 国内移住論 / 32
  • 五 国内・海外移住論と移住民 / 34
  • 六 おわりに / 37
  • 第二節 『殖民雑誌』の成立 / 43
  • 一 はじめに / 43
  • 二 『殖民雑誌』の成立 / 45
  • 1 創刊事情 / 45
  • 2 刊行状況 / 47
  • 3 その内容 / 48
  • 三 『殖民雑誌』から『北海之殖産』へ / 54
  • 四 おわりに / 56
  • 第二章 北海道移住の展開 / 61
  • 第一節 北海道移民史研究の現状と課題 / 61
  • 一 はじめに / 61
  • 二 北海道移民の統計的概観 / 65
  • 三 戦前の北海道移民史研究 / 71
  • 四 戦後の北海道移民史研究 / 87
  • 五 おわりに / 95
  • 第二節 北海道移民の創出過程 / 106
  • 一 はじめに / 106
  • 二 北海道移民の統計的考察 / 108
  • 三 北海道移民の創出過程 / 111
  • 四 北海道移民創出の媒介環 / 124
  • 五 おわりに / 125
  • 第三節 屯田兵の創出過程--愛媛県を中心として / 130
  • 一 はじめに / 130
  • 二 屯田兵の募集と愛媛県 / 133
  • 1 明治二五年の募集 / 136
  • 2 明治二七年の募集 / 143
  • 3 明治二九年の募集 / 144
  • 三 屯田兵創出の基礎過程 / 146
  • 四 おわりに / 157
  • 第三章 北海道開拓と囚人労働 / 163
  • 第一節 囚人労働の成立と展開 / 163
  • 一 北海道開拓と囚人労働 / 163
  • 二 囚人労働の実態 / 166
  • 三 囚人労働への抵抗 / 173
  • 四 囚人労働の残したもの / 177
  • 第二節 集治監の囚人生活 / 182
  • 一 はじめに / 182
  • 二 北海道押送 / 184
  • 三 釧路分監の囚人生活 / 188
  • 四 おわりに / 203
  • 第四章 北海道開拓と朝鮮人労働者 / 209
  • 第一節 在道朝鮮人史の概観 / 209
  • 1 在道朝鮮人の現況 / 209
  • 2 在道朝鮮人の統計資料 / 210
  • 3 在道朝鮮人の統計的概観 / 211
  • 4 在道朝鮮人の就業構造 / 216
  • 第二節 在道朝鮮人労働者の存在形態 / 222
  • 一 在道朝鮮人階級形成の前提(明治四三年~大正四年) / 223
  • 二 在道朝鮮人の階級的形成(大正五年~昭和一三年) / 224
  • 1 北炭と朝鮮人労働者の採用 / 225
  • 2 北海道農会の朝鮮人労働者調査 / 235
  • 3 平林農牧場と朝鮮人労働者 / 241
  • 4 大正後期の在道朝鮮人 / 243
  • 5 昭和初期の朝鮮人労働者 / 247
  • 第三節 朝鮮人労働者の強制連行 / 276
  • 一 朝鮮人労働者の集団「募集」 / 277
  • 1 北炭と朝鮮人労働者の「移入」 / 277
  • 2 朝鮮人労働者「募集」の実態 / 282
  • 二 朝鮮人労働者の連行 / 289
  • 1 朝鮮人労働者の入山 / 289
  • 2 「移住」朝鮮人労働者の実態 / 292
  • 3 朝鮮人労働者の抵抗=闘争 / 296
  • 三 朝鮮人労働者の「指導」=訓練 / 303
  • 四 「官斡旋」・「徴用」段階下の朝鮮人労働者 / 311
  • 第四節 敗戦と朝鮮人労働者の動向 / 321
  • 一 朝鮮人労働者の「暴動」 / 321
  • 二 在道朝鮮人運動の展開 / 328
  • 三 朝連小樽支部の結成 / 335
  • 四 北海道朝鮮人援護局の設立 / 337
  • 五 朝連北海道本部の分裂 / 341
  • 六 おわりに--「在道朝鮮人観」の形成 / 343
  • 第五章 北海道開拓と公害問題 / 349
  • 第一節 北海道公害史研究の現状と課題 / 349
  • 1 日本近代史と公害 / 349
  • 2 北海道開拓と公害 / 350
  • 3 戦前の公害史研究 / 354
  • 4 戦後の公害史研究 / 362
  • 第二節 北海道における公害問題の形成 / 368
  • 一 明治期の公害問題 / 369
  • 1 王子製紙苫小牧工場の公害問題 / 369
  • 2 苫小牧工場における廃液問題 / 376
  • 3 工場廃液問題の終息とその問題点 / 382
  • 4 北海道興業・古武井鉱山の公害 / 391
  • 二 大正・昭和戦前期の公害問題 / 397
  • 1 (公害)放任時代(大正元年~一四年) / 397
  • 2 (公害)調査研究時代(昭和元年~一三年) / 402
  • 3 (公害)施設時代(昭和一四~二〇年) / 406
  • 三 『北海道鉱業誌』と公害問題 / 418
  • 第三節 国富鉱山の公害問題 / 434
  • 一 田中鉱業経営下の国富鉱山 / 434
  • 二 鉱害反対闘争の形成 / 438
  • 三 鉱害反対闘争の展開 / 448
  • 1 第一段階--「鉱山派」の台頭と小沢村農会の分裂 / 448
  • 2 第二段階--農会の再建と闘争の終息 / 458
  • 四 おわりに / 469
  • あとがき / 480
  • 事項・人名索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代北海道史研究序説
著作者等 桑原 真人
書名ヨミ キンダイ ホッカイドウシ ケンキュウ ジョセツ
出版元 北海道大学図書刊行会
刊行年月 1982.5
ページ数 483, 13p
大きさ 22cm
NCID BN01316708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83026724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想