お母さんの仕事お父さんの仕事

向井承子 編著

働きながら子どもを育て、子どもを育てながら働く。町の公民館から、サーカスのテント小屋から、雪に埋もれた東北の村から、そういう親たちが語ります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 親のつもりが子に育てられ(毛利子来・向井承子)
  • 1 ほんきの百姓(加藤美恵)
  • 2 所沢生活村だより(白根節子)
  • 3 わが家の居間は解放区(田中周子)
  • 4 ある公民館の春秋(鈴木敏治)
  • 5 私はサーカスの炊事係だった(久田恵)
  • 6 木のおもちゃにこだわる(寺内定夫)
  • 7 恵那の綴り方教室から(丹羽徳子)
  • 8 「でく工房」は路地の奥です(竹野広行)
  • 9 ほとんどビョーキ(真尾悦子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お母さんの仕事お父さんの仕事
著作者等 向井 承子
書名ヨミ オカアサン ノ シゴト オトウサン ノ シゴト
シリーズ名 毛利子来の親子塾 2
出版元 晶文社
刊行年月 1987.5
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4794919824
NCID BN01314611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87040306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想