天気予報の科学

高橋浩一郎 著

参考文献および参考書: p217~220

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 7
  • 一 天気俚諺と観天望気 / 15
  • 天気俚諺
  • 雲と天気
  • 風と天気
  • 気温・湿度と天気
  • 自然界の兆候による天気予測
  • 気圧と天気
  • 天気の持続性と周期性
  • 二 天気図による天気変化の予測 / 33
  • 天気図の出現
  • 高気圧・低気圧
  • 気圧系移動の特性
  • 気圧系移動の補外
  • 気団分析
  • 気団の移動とその変質
  • 前線
  • 三 高層解析 / 57
  • 成層の安定、不安定
  • 高層天気図
  • 高層解析の利用
  • ジェット気流
  • 偏西風波動と偏東風波動
  • ブロッキング
  • 波動のスケール
  • 四 天気変化のモデル / 79
  • 動気候学
  • 極前線論
  • 台風の特性
  • 台風の生涯
  • 集中豪雨
  • 天気図の型
  • 西高東低
  • 東高西低
  • 南高北低(夏型)
  • 帯状高気圧
  • 梅雨
  • 北東気流
  • 移動性高気圧
  • 東シナ海低気圧
  • 日本海低気圧
  • 流れ出し
  • 天気図型の季節変化
  • 天気の癖
  • 天気の局地性
  • 特異日
  • 五 量的予報 / 109
  • 気温
  • 湿度
  • 降水量
  • 降水の客観的予測法
  • 高潮
  • 波浪
  • 六 気象災害の警報 / 131
  • 風水害警報
  • 台風の中心示度の推定
  • 山くずれ・崖くずれ
  • 塩風害
  • 雷雨警報
  • 乱気流
  • 視程の予報
  • 雪氷害
  • 火災と気象
  • 大気汚染
  • 七 数値予報 / 145
  • 数値予報のはじまり
  • 渦度方程式
  • 一層モデル
  • プリミティブ・モデル
  • モデルの選択と計算技術
  • 数値予報による降水量予測
  • 予測の限界
  • ADPと客観解析
  • 八 気象情報 / 167
  • 天気予報とは
  • 情報価値
  • 心理的価値
  • 経済価値
  • 確率予報
  • 実況値、気候値の重要性
  • 警報の発表時期
  • 九 天気予報のシステム / 183
  • 天気予報のシステム化の進行
  • 予報官と予報の成績
  • 日本の天気予報の組織
  • 気象の国際組織
  • 気象衛星
  • 気象通報式と天気図記号
  • NWW計画の構想
  • おわりに / 201
  • ラジオの気象通報による天気図の書き方 / 202
  • お天気いろはカルタ / 205
  • 参考文献および参考書 / 217
  • あとがき / 221

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 天気予報の科学
著作者等 高橋 浩一郎
書名ヨミ テンキ ヨホウ ノ カガク
書名別名 Tenki yoho no kagaku
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1980.6
ページ数 222p
大きさ 19cm
NCID BN01312751
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80030519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想