オーロラ : 地球をとりまく放電現象

赤祖父俊一 著

[目次]

  • 目次
  • 1 オーロラ科学のあけぼの / 7
  • オーロラを最初に見た日本人 / 8
  • 極地周辺のオーロラ説話 / 11
  • 中欧・南欧で見られたオーロラ / 14
  • 極地探検家の見たオーロラ / 17
  • オーロラとテレビ管の類似 / 24
  • 人びとになじみの薄いオーロラ / 27
  • 本書の計画 / 29
  • 2 オーロラ科学の揺籃期 / 33
  • オーロラの高さ / 34
  • オーロラの光 / 40
  • オーロラの分布 / 45
  • オーロラと磁気ストーム / 49
  • 第一回極地観測年 / 53
  • 太陽・地磁気擾乱・オーロラ / 56
  • 3 オーロラ科学の発展期 / 63
  • ビルケラント / 64
  • ステルマー / 68
  • チャップマン / 74
  • アールヴェン / 89
  • チャップマン-アールヴェン論争 / 93
  • オーロラ分光学の発展 / 97
  • 電離層の発見 / 108
  • バーテルスとハラング / 111
  • 赤道環電流 / 114
  • 磁気ストームの電流系とオーロラ / 117
  • 日本の磁気ストーム・オーロラ研究 / 121
  • 太陽-惑星間空間物理学の進展 / 122
  • 太陽からの宇宙線 / 126
  • オーロラ科学発展期の終幕 / 128
  • 4 宇宙空間探査の時代 / 133
  • 人工衛星の打上げ / 134
  • ヴァン・アレン帯の発見 / 135
  • オーロラ・オーヴァル / 141
  • 磁気圏の構造 / 149
  • オーロラ・オーヴァルと磁気圏の構造 / 153
  • 赤いオーロラ / 159
  • 5 オーロラ研究の三つの指導概念 / 163
  • 地球磁力線と惑星間空間磁力線の連結 / 164
  • 磁気圏プラズマ対流 / 168
  • 磁力線の再結合 / 173
  • 磁気圏対流によって生じる電離層電流 / 174
  • 惑星間空間磁場とオーロラ・オーヴァル / 176
  • オーロラ・サブストーム / 179
  • 磁気圏サブストームと磁気圏ストーム / 191
  • 6 オーロラの原因を探る / 197
  • 探るべき方向 / 198
  • 太陽風-磁気圏のMHD発電 / 199
  • オーヴァル回路とオーロラ / 203
  • オーロラ・サブストーム、磁気圏サブストームの原因をめぐって / 205
  • 磁気圏サブストームの試論 / 208
  • 現象論的理論についての一考察 / 215
  • オーロラ研究の諸問題 / 218
  • 地球のオーロラ-そのまとめ / 222
  • 宇宙のオーロラ / 223
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 オーロラ : 地球をとりまく放電現象
著作者等 赤祖父 俊一
書名ヨミ オーロラ
書名別名 Orora
シリーズ名 自然選書
出版元 中央公論社
刊行年月 1975
ページ数 230p 図
大きさ 19cm
NCID BN01306770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69005850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想