水文学

金丸昭治, 高棹琢馬 著

[目次]

  • 目次
  • 1. 概説
  • 2. 降水の地域的,時間的分布状況
  • 2.1 降水量の測定 / 7
  • 2.2 地域的分布状況 / 9
  • 2.2.1 雨量計の位置 / 10
  • 2.2.2 雨量計密度 / 12
  • 2.2.3 流域平均降雨量 / 15
  • 2.3 時間的分布状況 / 17
  • 2.3.1 経年変化 / 18
  • 2.3.2 季節的変化 / 20
  • 2.3.3 降雨継続時間内分布の傾向 / 22
  • 2.3.4 流域平均時間降雨量 / 30
  • 3. 大雨生起確率
  • 3.1 標本,超過確率 / 35
  • 3.2 最大値分布 / 39
  • 3.3 統計量(分布形の要素) / 43
  • 3.4 分布形の特性と確率の推定 / 48
  • 3.4.1 Gumbel分布 / 49
  • 3.4.2 対数極値分布A型 / 52
  • 3.4.3 対数極値分布B型 / 56
  • 3.4.4 対数正規分布 / 57
  • 3.5 確率紙 / 61
  • 3.6 確率降雨強度式 / 64
  • 4. 降水の空間的,時間的分布構造について
  • 4.1 日降水量の特性とその地域的相関 / 71
  • 4.2 多変量解析法の応用 / 77
  • 4.3 時間的配分についての検討 / 84
  • 5. 降水の流出過程とシステム
  • 5.1 流出過程とその成分 / 91
  • 5.2 流出のサイクルとシステム / 92
  • 5.2.1 流出のサイクル / 92
  • 5.2.2 流出のシステム / 93
  • 6. 地表付近における水の移動機構
  • 6.1 遮断,蒸発・蒸散,融雪,浸透 / 95
  • 6.1.1 遮断 / 95
  • 6.1.2 蒸発・蒸散 / 96
  • 6.1.3 融雪 / 100
  • 6.1.4 雨水浸透 / 101
  • 6.2 表面流 / 104
  • 6.2.1 表面流と抵抗則 / 104
  • 6.2.2 表面流と伝播 / 105
  • 6.3 中間流 / 112
  • 6.3.1 A層(活性層)の存在と中間流 / 112
  • 6.3.2 中間流の基礎方程式 / 115
  • 6.3.3 中間流 / 115
  • 6.4 地下水流 / 122
  • 7. 斜面流出系
  • 7.1 流出現象の生起場とその変化 / 125
  • 7.1.1 中間流出の生起場 / 125
  • 7.1.2 表面流出の生起場 / 126
  • 7.1.3 流出のてい減特性 / 129
  • 7.1.4 有効降雨と置換有効降雨 / 134
  • 7.2 等価変換系とその1サイクル内の流出パターン / 136
  • 7.2.1 流出過程と等価変換系 / 136
  • 7.2.2 流出のパターン / 138
  • 7.3 変換オペレーターとしての時間遅れ / 140
  • 7.4 流域特性の代表値 / 142
  • 7.5 流出パターンの特性と最大流量 / 143
  • 7.5.1 非線形特性 / 144
  • 7.5.2 最大流量とその到達時間 / 145
  • 8. 河道分布系
  • 8.1 河川流域の地形則 / 149
  • 8.1.1 位数の概念と河域地形則 / 149
  • 8.1.2 河道配列の形成過程と標本空間 / 150
  • 8.1.3 河道配列の統計則 / 155
  • 8.1.4 河域の地形量 / 162
  • 8.2 流出水の集合過程 / 167
  • 8.2.1 河道分布系の集中系群への変換 / 167
  • 8.2.2 河道分布系における合成ピーク / 169
  • 8.2.3 一次元多段過程モデルにおける合成 ピーク / 171
  • 8.2.4 多次元多段過程モデルにおける合成ピーク / 174
  • 9. 理論の実証的検討
  • 9.1 対象流域の概要 / 179
  • 9.1.1 流域概況 / 179
  • 9.1.2 水文資料 / 180
  • 9.2 A層特性と流出現象の生起場 / 180
  • 9.2.1 流量てい減部の解析とA層特性の算定 / 180
  • 9.2.2 表面流出生起場の算定 / 182
  • 9.3 中間流出と表面流出の特性 / 183
  • 9.3.1 中間流出領域([数式]系)の特性 / 183
  • 9.3.2 表面流出領域([数式]系)の特性 / 186
  • 9.4 最大流量とその到達時間 / 187
  • 9.4.1 由良川流域大野地点における最大流量(例I) / 187
  • 9.4.2 イリノイ州の多数の流域での最大流量(例II) / 188
  • 9.5 河川流域の地形則 / 189
  • 9.5.1 地形解析に必要な諸元 / 189
  • 9.5.2 1/4則の適合性について / 192
  • 9.5.3 1/2則の適合性について / 192
  • 9.5.4 3/4則の適合性について / 192
  • 9.6 河道分布系における合成ピークと生起時刻の期待値 / 194
  • 10. 流出のモデルと解析法
  • 10.1 流出のモデル設定の基礎 / 197
  • 10.1.1 流出成分の分離法と有効降雨 / 197
  • 10.1.2 流出の数理モデル / 198
  • 10.2 短期流出(洪水流出) / 200
  • 10.2.1 損失降雨 / 201
  • 10.2.2 応答モデル / 202
  • 10.2.3 物理モデル / 203
  • 10.3 長期流出(低水流出) / 208
  • 10.3.1 損失降雨と自然てい減曲線 / 208
  • 10.3.2 応答モデル / 210
  • 索引 / 217

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 水文学
著作者等 金丸 昭治
高棹 琢馬
書名ヨミ スイモンガク
シリーズ名 朝倉土木工学講座 ; 4
出版元 朝倉書店
刊行年月 1975
ページ数 223p
大きさ 22cm
ISBN 4254264054
NCID BN01305778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69006652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想