ソ連を視る眼

木村浩 著

"第2の雪どけ"は果たして本物か?ゴルバチョフ政権が進める民主化政策の実態を、ロシア文学者の立場からきびしく検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 知られざる国ソ連
  • 1 ブレジネフ時代(ソルジェニーツィンの告発
  • アフガニスタン侵攻
  • 現代ソビエトの文学的考察
  • 現代ロシア文学の周辺)
  • 2 アンドロポフ・チェルネンコ時代(アンドロポフの登場
  • ショーロホフの死
  • リュビーモフ解任の背景
  • ロシア文学の現状)
  • 3 ゴルバチョフ時代(チェルノブイリ原発事故
  • ある秘密機関の廃絶
  • 日ソ・テレビ討論の感想
  • タルコフスキー追悼
  • ゴルバチョフ改革とソルジェニーツィン)
  • 4 聖なるロシアへの回帰(ロシアの文化とロシア人
  • 聖なるロシアとは何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソ連を視る眼
著作者等 木村 浩
書名ヨミ ソレン オ ミル メ
出版元 教育社
刊行年月 1987.6
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4315505811
NCID BN01304196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87040142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想