鏑木清方随筆集 : 東京の四季

山田肇 編

近代日本を代表する日本画家の1人であり、エッセイストとしても声価の高い鏑木清方(1878‐1972)の珠玉の随筆集。下町の風俗と文学をこよなく愛した清方が、元旦から大晦日まで春夏秋冬四季折々の風物への想いをつづる59篇を精選。自筆のスケッチを多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(一陽来復
  • 年始歳暮
  • 正月の思い出
  • かきぞめ
  • 宝船
  • 春佗びし
  • 探梅
  • 如月小品
  • 庭樹
  • 雨声
  • 大橋の白魚
  • 花見
  • 褪春記
  • きいろい花)
  • 夏(若葉
  • 菖蒲湯
  • 端午
  • 緑の雨
  • 梅雨
  • 内濠外濠
  • 紫陽花舎閑話
  • つゆあけ
  • 涼床語
  • 『朝夕安居』
  • むぎ湯
  • 夏の女
  • 女人夏景
  • 野風呂
  • あさがお
  • 涼味
  • ともしび
  • 団扇と浴衣
  • ゆかた
  • 土用前後
  • 庶民の夏
  • 郷愁の色)
  • 秋(秋まだ浅き日の記
  • 月の絵
  • 身辺近事
  • こおろぎ
  • 木犀
  • 障子
  • 町の鑑賞
  • 並木
  • 東籬小話
  • 菊)
  • 冬(雁
  • 火を懐しむ
  • 冬がまえ
  • 冬に向う
  • からかぜ
  • 筑波が見える
  • 入浴
  • 雪)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏑木清方随筆集 : 東京の四季
著作者等 山田 肇
鏑木 清方
書名ヨミ カブラギ キヨカタ ズイヒツシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.8
ページ数 293p
大きさ 15cm
ISBN 4003111613
NCID BN01302827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87054933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想