氷の化学物理

N.H.Fletcher 著 ; 前野紀一 訳

[目次]

  • 目次
  • 著者のことば
  • 訳者のことば
  • 単位について
  • 第1章 水分子
  • 1・1 電子構造 / 1
  • 1・2 分子の振動 / 10
  • 1・3 スペクトル特性 / 12
  • 1・4 分子間力 / 15
  • 第2章 通常の氷の構造とエネルギー
  • 2・1 氷[数式]の結晶構造 / 20
  • 2・2 氷の中の陽子の位置 / 24
  • 2・3 陽子の無秩序性にともなう残余エントロピー / 29
  • 2・4 水素結合と凝集エネルギー / 33
  • 第4章 他の形の氷
  • 3・1 氷の状態図 / 43
  • 3・2 氷[数式] / 49
  • 3・3 ガラス質氷 / 51
  • 3・4 氷II / 52
  • 3・5 氷IIIと氷IX / 55
  • 3・6 氷IVと氷V / 57
  • 3・7 氷VI / 58
  • 3・8 氷VIIと氷VIII / 61
  • 第4章 液体の水と凍結
  • 4・1 水の構造の実験的知識 / 64
  • 4・2 構造模型 / 67
  • 4・3 凍結の均質核生成 / 74
  • 4・4 不均質核生成 / 86
  • 第5章 結晶成長
  • 5・1 基礎理論 / 92
  • 5・2 水の凍結 / 98
  • 5・3 蒸気からの成長 / 105
  • 第6章 熱的性質と格子力学
  • 6・1 熱膨張 / 114
  • 6・2 熱容量と格子振動スペクトル / 117
  • 6・3 熱伝導度 / 125
  • 第7章 点欠陥
  • 7・1 イオン状態 / 128
  • 7・2 配向欠陥 / 133
  • 7・3 不純物,イオンおよび欠陥 / 136
  • 7・4 不純物と拡散 / 139
  • 7・5 空孔,格子間分子および放射線損傷 / 141
  • 第8章 力学的性質
  • 8・1 弾性理論 / 144
  • 8・2 氷の弾性的性質 / 148
  • 8・3 力学緩和 / 152
  • 8・4 転位,クリープおよび塑性流動 / 161
  • 第9章 電気的性質
  • 9・1 概説 / 174
  • 9・2 静電的誘電率 / 176
  • 9・3 誘電緩和 / 182
  • 9・4 理論的取扱い / 187
  • 9・5 不純物を含む氷の結晶 / 193
  • 9・6 熱電気効果 / 199
  • 9・7 陽子の移動度の理論 / 205
  • 9・8 種々の効果 / 216
  • 9・9 結び / 218
  • 文献
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 氷の化学物理
著作者等 Fletcher, Neville Horner
前野 紀一
N.H.Fletcher
書名ヨミ コオリ ノ カガク ブツリ
出版元 共立
刊行年月 1974
ページ数 235, 11p 図
大きさ 22cm
NCID BN01293409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69005014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想