チトクロムと細胞呼吸 : 電子伝達系確立への道  上

David Keilin 著 ; 山中健生, 奥貫一男 訳

[目次]

  • 1 呼吸に関する初期の考えと血液循環の発見
  • 2 空気の組成と燃焼の本質
  • 3 呼吸過程の組織における局在化
  • 4 生体反応についての初期の考え
  • 5 生体酸化反応
  • 6 ミオヘマチンとヒストヘマチン
  • 7 1884‐1925年における呼吸の研究
  • 8 チトクロム
  • 9 チトクロムの研究および細胞呼吸に関する理論の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チトクロムと細胞呼吸 : 電子伝達系確立への道
著作者等 Keilin, David
奥貫 一男
山中 健生
書名ヨミ チトクロム ト サイボウ コキュウ
書名別名 The history of cell respiration and cytochrome
巻冊次
出版元 学会出版センター
刊行年月 1987.8
ページ数 181p
大きさ 22cm
ISBN 476220529X
NCID BN01292825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87051211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想