森はいのち : エコロジーと生存権

宮脇昭 著

人類の生存を支えている森林が急速に消え去っていく今日、その土地本来の生態系の機能が持続的に維持しうる本物の緑についての理解が必要とされている。本書は、まだ残されている自然の緑、素顔の緑・森を求めて、日本、東南アジア、北半球の各地を足で歩いて調査を続けている1人の生態学徒の願いをこめてまとめられたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-緑の稀少資源
  • 2 自然保護とは何か
  • 3 理想的な自然環境を考える
  • 4 自然界にもルールがある
  • 5 自然による環境診断
  • 6 豊かな自然を次代にひきつぐために
  • 座談会 滅びることのない都市づくりとは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森はいのち : エコロジーと生存権
著作者等 宮脇 昭
書名ヨミ モリ ワ イノチ
シリーズ名 人権ライブラリイ
出版元 有斐閣
刊行年月 1987.8
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 4641030634
NCID BN01290229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87056971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想