精神分析で何がわかるか : 無意識の世界を探る

福島章 著

精神分析の臨床を志す読者であれば、この本を精神分析療法の入門書だと考えて利用することも不可能ではない。臨床に関係のない一般読者であれば、いったい精神分析療法とはどういうことをするのかを具体的に知ることができよう。精神分析の過程であらわになってくる現象から親子、夫婦、友人、同僚など、われわれの日常的な人間関係のなかにどのような力が働いているかを知るよすがとすることもでき、そこから解放されて自由に生き生きとした生活を送るにはどうするべきかを知る材料ともなろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幼児記憶
  • 第2章 神経症の精神分析
  • 第3章過去への旅-精神分析の過程
  • 第4章 心の発達
  • 第5章 精神分析の方法-転移・解釈・抵抗
  • 第6章 短期力動心理療法
  • 第7章 自己分析への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析で何がわかるか : 無意識の世界を探る
著作者等 福島 章
書名ヨミ セイシン ブンセキ デ ナニ ガ ワカルカ
書名別名 Seishin bunseki de nani ga wakaruka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1986.11
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 4061326708
NCID BN0128949X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想