日本語の特性と機械翻訳

第1回「大学と科学」公開シンポジウム組織委員会 編

[目次]

  • 第1部 世界の言語のなかの日本語-普遍性と個別性(日本語分析の変遷
  • 多様性とプロトタイプ
  • たい、がる、たがる、られる
  • GB理論による説明
  • 文法獲得理論と実験に基づく説明
  • 日本語学習者の誤りの分析
  • 外国人の日本語談話行動における誤用の研究
  • タッチタイプ入力を用いた日本語CAI)
  • 第2部 機械翻訳とその関連技術(機械翻訳システムの基本的な考え方
  • 知識表現の手法と言語処理用辞書の記述
  • 日常辞書の機械化とその応用
  • 日本語の規格化と制限日本語の設計
  • 機械翻訳のための文法とその問題点
  • 日本語入力と編集
  • 機械翻訳のためのソフトウエア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語の特性と機械翻訳
著作者等 「大学と科学」公開シンポジウム
「大学と科学」公開シンポジウム組織委員会
出版科学総合研究所
第1回「大学と科学」公開シンポジウム組織委員会
書名ヨミ ニホンゴ ノ トクセイ ト キカイ ホンヤク
出版元 科学総合研究所
刊行年月 1987.7
ページ数 183p
大きさ 26cm
ISBN 4879690252
NCID BN01265414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88010912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想