タンパク質とは何か : 生命というドラマの主演者

藤本大三郎 著

核酸(DNAとRNA)と並んで、タンパク質は生命活動のもっとも重要な担い手であり、その多彩な働きは生命活動そのものと言っても過言ではないだろう。そもそもタンパク質とはどんな物質なのかをわかりやすく解説し、最近話題になることの多い生命科学の基本的な理解の手助けになる格好の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生体の中でタンパク質は多彩な働きをする
  • 第2章 タンパク質はアミノ酸の鎖でできている
  • 第3章 タンパク質は立体構造をもっている
  • 第4章 タンパク質をどのように研究するのか
  • 第5章 タンパク質は遺伝暗号をもとにつくられる
  • 第6章 タンパク質をバイオテクノロジーでつくる
  • 第7章 生体内においてタンパク質はたえず入れかわっている
  • 第8章 タンパク質の異常が病気をひきおこす
  • 第9章 タンパク質の中にメロディがある
  • 終章 タンパク質研究はこれからどのように発展していくか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タンパク質とは何か : 生命というドラマの主演者
著作者等 藤本 大三郎
書名ヨミ タンパクシツ トワ ナニカ
書名別名 Tanpakushitsu towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1987.2
ページ数 180p
大きさ 18cm
ISBN 4061326767
NCID BN01263000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87022373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想