技術社会の未来

ダニエル・J.ブアスティン 著 ; 伊東俊太郎 訳

この本は、石坂財団に招かれた現代アメリカの世界的な文明史家ブアスティン博士が、アメリカの未来=予測不能の技術社会を、豊富な歴史的事例を用いて解明した、知的興味あふれる文明論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物学的思考様式の君臨-ダーウィン的思考に基づく予測(預言から予言へ
  • 「革命」の時代と『種の起源』
  • 機械の登場と進化論の限界)
  • 2 数学的思考様式の君臨-統計的思考に基づく予測(統計的予測を裏切るもの
  • 第四王国の典型エジソン
  • 日常感覚になじまない無限数量)
  • 3 現代社会の「大いなる分裂」-不要なものの必要性(新しい役割を演ずる機械
  • 発明は何を変えるか
  • 「自然の摂理」を超えて
  • 文明にとりこまれてゆくパラドックス
  • 「コモンセンス」と科学の乖離)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 技術社会の未来
著作者等 Boorstin, Daniel J.
Boorstin, Daniel Joseph
伊東 俊太郎
ブアスティン ダニエル・J.
書名ヨミ ギジュツ シャカイ ノ ミライ
書名別名 予測不能の時代に向けて
シリーズ名 Ishizaka lectures 7
出版元 サイマル出版会
刊行年月 1987.5
ページ数 178p
大きさ 19cm
ISBN 4377107437
NCID BN01255024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87048075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想