自然科学物語 : ハイテクまでの道のり

竹重達人 著

歴史上、偉大な発明や発見をした人々は、ほとんどが潜在的需要を現実にする夢や、不可能への挑戦という野望をもっていたが、それは同時に人間的なロマンチックなものでもあった。そして、発明王エジソンが言っているように、発明は「1%の霊感と99%の努力からなる」ということからも、そこには並々ならぬ努力と探究心に裏打ちされていることがわかるのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 20世紀の自然科学を支配する諸法則
  • 第2章天才と発明・発見の時代
  • 第3章 鋼と電気の時代
  • 第4章 大変革と飛躍
  • 第5章 科学に対する数学の役割
  • 第6章 第1次世界大戦と科学技術の発達
  • 第7章 大ゲルマン帝国構想とナチス
  • 第8章 第2次世界大戦と科学の競争
  • 第9章 エレクトロニクスの時代
  • 第10章 ハイテクの時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然科学物語 : ハイテクまでの道のり
著作者等 竹重 達人
書名ヨミ シゼン カガク モノガタリ
出版元 共立
刊行年月 1986.11
版表示 増補版
ページ数 204p
大きさ 21cm
ISBN 4320008510
NCID BN01244811
BN07996627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想