井原西鶴 : 浮世の認識者

谷脇理史 著

江戸前期、新興町人層の旗手として浮世の諸相を幅広くとらえ、エネルギッシュに活躍した西鶴も、その実像はおぼろげにしか伝わっていない。本書は、西鶴の伝記をおいながら、好色一代男、好色一代女、武道伝来記、日本永代蔵について、具体的に精緻な読みと鋭い洞察を示し、問題の核心に迫った力作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 浮世の認識者西鶴(作家以前の西鶴
  • 天和期の西鶴
  • 貞享期の西鶴
  • 元禄期の西鶴)
  • 第2部 作品への視点(『好色一代男』と『源氏物語』
  • 『好色一代女』試論-そのしたたかな生と性
  • 『武道伝来記』の時代設定
  • 『日本永代蔵』の方法と読者の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 井原西鶴 : 浮世の認識者
著作者等 谷脇 理史
書名ヨミ イハラ サイカク
書名別名 Ihara saikaku
シリーズ名 日本の作家 25
出版元 新典社
刊行年月 1987.1
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 4787970259
NCID BN01242317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87017915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想