経済学の歴史

根岸隆 著

経済学の進歩は一直線ではない。批判、論争、無視、再評価…様々な過程を経て、古典は輝きを放つ。現代理論とその関わりを重視して描き上げられた初学者向き学説史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済学の歴史
  • 第2章 スミスと古典派経済学の成立
  • 第3章 リカードと古典派経済学の展開
  • 第4章 マルサスとミル
  • 第5章 マルクスの経済学
  • 第6章 ワルラスと一般均衡理論
  • 第7章 オーストリアの経済学
  • 第8章 イギリスの近代経済学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の歴史
著作者等 根岸 隆
書名ヨミ ケイザイガク ノ レキシ
書名別名 Keizaigaku no rekishi
シリーズ名 スタンダード経済学シリーズ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1983.3
版表示 第2版
ページ数 184p
大きさ 21cm
ISBN 4492814523
NCID BN01233495
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83023582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想