扇 : 性と古代信仰

吉野裕子 著

扇は性のシンボル。神霊の依代、呪具としての扇に託された象徴的意味は何か。扇にひそむ思いがけない秘密をときほぐしながら、性と古代信仰の謎に挑んだ異色作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 青島から沖縄へ
  • 第2章 踊りと扇
  • 第3章 祭りのなかの扇
  • 第4章 扇の起源をさぐる
  • 第5章 御嶽と蒲葵
  • 第6章 神の顕現とは
  • 第7章 大嘗祭の蒲葵
  • 第8章 ミテグラ
  • 第9章 扇と神事の解釈
  • 第10章 沖縄石垣の豊年祭
  • 私の歩んだ道-『扇』再刊によせて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 扇 : 性と古代信仰
著作者等 吉野 裕子
書名ヨミ オウギ
出版元 人文書院
刊行年月 1984.4
版表示 オンデマンド版
ページ数 215p
大きさ 20cm
ISBN 4409590073
NCID BA67739278
BN01227710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85000593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想