日本近代憲法思想史研究

家永三郎 著

[目次]

  • 目次
  • 序言
  • 序論 問題の所在 / p1
  • 第一編 明治憲法制定にいたるまでの憲法思想 / p17
  • 第一章 近代憲法思想の移植 / p19
  • 第二章 明治憲法制定以前の憲法の諸構想 / p43
  • 第三章 明治十年代におけるアカデミズム憲法学の萠芽 / p67
  • 第四章 明治憲法制定をめぐる思想史的状況 / p78
  • 第二編 明治憲法下の憲法思想 / p83
  • 第一章 明治憲法制定当初の憲法解釈 / p85
  • 第一節 明治憲法制定当局者の憲法思想 / p86
  • 第二節 明治憲法制定直後に刊行された憲法註釈書の一般的傾向 / p92
  • (イ) 主権の所在と君主権の制限についての解釈 / p94
  • (ロ) 立法権についての解釈 / p97
  • (ハ) 天皇の独裁大権についての解釈 / p100
  • (ニ) 人権についての解釈 / p103
  • (ホ) 帝国議会の地位権限についての解釈 / p109
  • (ヘ) 国務大臣の責任と輔弼・副署についての解釈 / p116
  • (ト) 枢密顧問についての解釈 / p119
  • (チ) 司法権の独立についての解釈 / p119
  • (リ) 憲法改正権についての解釈 / p121
  • (ヌ) 結論 / p122
  • 第二章 アカデミズム憲法学の成立とその憲法思想 / p125
  • 第一節 天皇機関説学派の憲法思想 / p129
  • (イ) 有賀長雄の憲法思想 / p132
  • (ロ) 末岡精一の憲法思想 / p136
  • (ハ) 一木喜徳郎の憲法思想 / p140
  • (ニ) 副島義一の憲法思想 / p150
  • 第二節 天皇主権説学派(穂積八束)の憲法思想 / p157
  • 第三節 初期の京都帝大教授(井上密・岡村司)の憲法思想 / p176
  • 第四節 機関説主権説両学派の決定的対立点 / p189
  • 第五節 大正デモクラシー期以降における憲法学界の大勢の概観 / p200
  • 第三章 一般国民の憲法思想 / p213
  • 第一節 学校教育を通して国民に注入された憲法意識 / p217
  • (イ) 官僚政治時代の小学校教科書における憲法の取り扱い / p221
  • (ロ) 官僚政治時代の中等学校教科書における憲法の取り扱い / p238
  • (ハ) 憲法教育の実情に対する批判の発生 / p251
  • (ニ) 政党政治時代の小学校教科書における憲法の取り扱い / p258
  • (ホ) 政党政治時代の中等学校教科書における憲法の取り扱い / p262
  • (ヘ) ファッシズム時代の初等・中等学校教科書における憲法の取り扱い / p293
  • (ト) 歴史教科書における憲法制定の由来の説明の仕方 / p298
  • 第二節 国民の間で自発的に形成された憲法思想 / p312
  • (イ) 立憲主義の方向への憲法的自覚 / p312
  • (ロ) 明治憲法の改正または否定の主張 / p315

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本近代憲法思想史研究
著作者等 家永 三郎
書名ヨミ ニホン キンダイ ケンポウ シソウシ ケンキュウ
書名別名 Nihon kindai kenpo shisoshi kenkyu
出版元 岩波書店
刊行年月 1967
版表示 オンデマンド版
ページ数 328p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-730879-6
NCID BB2875223X
BN01218899
BN04167014
BN06446835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想