情報革命時代の経済学 : 希望と憂鬱

竹内啓 著

急速に変貌する現代社会!経済学のあるべき姿を求めて。『無邪気で危険なエリートたち』に続く好エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 技術革新と現代社会(資本主義は永遠か
  • 技術革新と社会革命
  • 情報革命と経済
  • 現代技術の性格
  • 先端技術は経済成長をもたらさない)
  • 2 経済学とイデオロギー(経済学の方法
  • 経済学の憂欝
  • 経済学の威心の回復を
  • ほんものの自由主義とは)
  • 3 日本経済の現実と将来(日本の近代化は終ったのか
  • 「貧しさ」と「豊かさ」の間
  • 「経済効率」偏重からの脱却
  • 長期構想下の「内需拡大」策を
  • 20年後の日本経済)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報革命時代の経済学 : 希望と憂鬱
著作者等 竹内 啓
書名ヨミ ジョウホウ カクメイ ジダイ ノ ケイザイガク
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.7
ページ数 326p
大きさ 19cm
ISBN 4000010425
NCID BN01216576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87052145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想