中国的レトリックの伝統

井波律子 著

曹操から毛沢東まで。乱世を自在な精神で生き、政治的あるいは文学的状況を切り拓いていった中国の文人たち!口舌の徒の系譜。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 政治的レトリックの伝統(悪態の美学-陳琳について
  • 曹操論
  • 阮籍小論-「詠懐詩」を中心として
  • 変革のパトス-毛沢東の文体と発想)
  • 2 文学的レトリックの伝統(文心雕龍論-その文学の根本原理への道程
  • 曹植の世界-詩を中心として
  • 謝〓詩論
  • 『雷雨』論-その原像を求めて
  • 乱世の女たち-『世説新語』の世界から
  • 中国白話短篇小説の展開-「喬太守鴛鴦の譜を乱め点めること」を素材として
  • 中国近世短篇小説集『三言』のこと
  • 『中国の悲歌の誕生-屈原とその時代』について)
  • 3 日本文学への影響(高橋和巳と中国文学
  • 武田泰淳と中国文学
  • 花田清輝のレトリック-ホモ・プロ・セの精神)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国的レトリックの伝統
著作者等 井波 律子
書名ヨミ チュウゴクテキ レトリック ノ デントウ
書名別名 Chugokuteki retorikku no dento
出版元 影書房
刊行年月 1987.7
ページ数 343p
大きさ 20cm
NCID BN01211379
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88014168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想