血液の謎と子どもの成長

岡本彰祐 著

人間の血液はエビなどの低温動物とくらべてみると、数千倍から1万倍ぐらいも能率のよい、すばらしい血液とその運搬装置を持っています。人間のすばらしくも、不思議な血液。科学のロマンを秘めたそのしくみとはたらきをさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 からだのはたらきから見たヒトの未来-科学と大脳とロマン
  • 2 さくら・さくらんぼ保育園にて-謎はいたるところにある
  • 3 止血のしくみから見た人間-まず大すじを理解しよう
  • 4 人間の血液はすばらしい-その巧妙な調節
  • 5 絵のない章-50年の時間と空間を超えた感動
  • 6 旅路はるか-考えながら実践し、実践しながら考えていく
  • 7 もうすこし知りたい人のために-生きた鍵と鍵穴をしらべる
  • 付言 人間のしあわせのための保育と科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血液の謎と子どもの成長
著作者等 岡本 彰祐
書名ヨミ ケツエキ ノ ナゾ ト コドモ ノ セイチョウ
シリーズ名 みんなの保育大学 13
出版元 築地書館
刊行年月 1987.1
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 4806745227
NCID BN01208716
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87013737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想