サーカスの科学 : なぜできる離れ技

大槻義彦 著

綱渡りでは、よく2メートルくらいの棒を持って綱を渡る。これをバランス棒というが、いったい、何の役に立つのだろう?重い棒を持てば重心が下がって安定するというのだろうか。人が平均台の上を歩くときなど、無意識のうちに両腕を広げて渡ることがある。どうしてこうやるとバランスがとりやすいのだろう。広げた腕とバランス棒とに共通する力学的な意味が何かあるのだろうか?それを解明すれば、綱渡りのコツまでわかるかもしれない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 サーカスをたずねて
  • 1章 さらりと小手調べ
  • 2章 綱を渡る
  • 3章 二階だての一輪車
  • 4章 馬がまわる、目がまわる
  • 5章 振動マットでの演技
  • 6章 ぐるぐるまわすテクニック
  • 7章 ブランコ渡り
  • 8章 ブランコはなぜこげるのか
  • 9章 コマ、ヨーヨー、ブーメラン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サーカスの科学 : なぜできる離れ技
著作者等 大槻 義彦
書名ヨミ サーカス ノ カガク
書名別名 Sakasu no kagaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1986.7
ページ数 176, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4061326546
NCID BN01207972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86049888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想