愛神の戯れ : 牧歌劇『アミンタ』

トルクァート・タッソ 作 ; 鷲平京子 訳

愛神アモールの戯れの矢によってシルヴィアを愛する牧人アミンタ。だが…。イタリア・バロック期最大の詩人タッソの作品。

「BOOKデータベース」より

愛神アモールの戯れの矢によって妖精シルヴィアを愛する牧人アミンタ。しかし彼の熱いまなざしも、狩に夢中なシルヴィアには届かない。絶望し死をえらぶ牧人を救おうと、愛神は田園に降り立った。-イタリア・バロック期最大の詩人タッソ(1544‐95)の手に成るこの牧歌劇は、ダンテに始まるイタリア文学の豊饒さを改めて認識させてくれる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛神の戯れ : 牧歌劇『アミンタ』
著作者等 Tasso, Torquato
鷲平 京子
タッソ トルクァート
書名ヨミ アイシン ノ タワムレ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.5
ページ数 273p
大きさ 15cm
ISBN 4003271017
NCID BN01205842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87040770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想