孤独な群衆

リースマン 著 ; 加藤秀俊 訳

「人間は何によって自律性を獲得することができるのか」。個人が「群衆のなかの孤独」から脱する道筋を真摯に模索する。ギトリン「解説」、加藤秀俊「『孤独な群衆』をめぐる半世紀」を付す。

「BOOKデータベース」より

「社会の諸制度が個人のなかに、その社会にふさわしい性格をうえつけてゆく」。個人と社会、時代との関わりを論じた不朽の名著、改訂訳版で登場。初版(1950年)から20年後に書かれた新たな「まえがき」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 性格(性格と社会のいくつかのかたち
  • 道徳性から意欲へ-誰が性格形成をしてきたか
  • 仲間たちの審判-誰が性格形成をしてきたか(つづき)
  • 物語技術のさまざま-誰が性格形成をしてきたか(つづき)
  • 内部指向の生き方
  • 他人指向の生き方-「神のみちびき」から「お愛想」へ
  • 他人指向の生き方(つづき)-もうひとつの顔)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2部 政治(伝統指向、内部指向、他人指向-それぞれの政治スタイル
  • 政治的説得-怒りと「やさしさ」
  • 権力のイメージ
  • アメリカ人とクワキトル族)
  • 第3部 自律性(適応か自律か?
  • まやかしの人格化-職場生活での自律性への障碍
  • 強制される私生活化-余暇時間での自律性への障碍
  • 才能の問題-余暇時間での自律性への障碍(つづき)
  • 自律性とユートピア)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 日本語版への序文
  • 序文
  • 第一部 性格
  • 第一章 性格と社会の類型 / p3
  • 一 性格と社会 / p4
  • 二 性格のたたかい / p26
  • 第二章 道徳律から規律へ / p30
  • 一 両親の役割の変化 / p30
  • 二 教師の役割の変化 / p47
  • 第三章 仲間による審判-性格形成要因の変化(2) / p56
  • 一 内部指向段階における同輩集団 / p56
  • 二 他人指向段階における同輩集団 / p60
  • 第四章 技術の教師としての物語-性格形成要因の変化(3) / p73
  • 一 伝統指向段階における歌と物語 / p75
  • 二 内部指向段階における印刷物の社会化機能 / p77
  • 三 他人指向段階におけるマス・メディア / p86
  • 第五章 内部指向型の人生 / p98
  • 一 作業中 / p99
  • 二 二次的なものとしての楽しみ / p104
  • 三 自己を認める苦悩 / p111
  • 第六章 他人指向型の人生-「見えざる手」からよろこびの手へ / p114
  • 一 経済問題-人間的要素 / p114
  • 二 銀河 / p124
  • 第七章 他人指向型の人生(2)-夜の切りかえ / p128
  • 一 食物と性の象徴的意味の変化 / p128
  • 二 大衆文化の消費の仕方の変化 / p135
  • 第二部 政治
  • 第八章 政治のスタイルからみた三類型-無関心派・道徳屋・内幕情報屋 / p151
  • 一 無関心派 / p152
  • 二 道徳屋 / p159
  • 三 内幕情報屋 / p167
  • 第九章 政治的説得-憤慨・寛容 / p174
  • 一 消費の対象としての政治 / p175
  • 二 寛容の教師としてのメディア / p177
  • 三 メディアは政治から逃げるか? / p181
  • 四 憤慨の貯水池 / p184
  • 第十章 権力のイメージ / p191
  • 一 指導者と被指導者 / p191
  • 二 権力をもっているのは誰か / p197
  • 第十一章 アメリカ人とクワキトル族 / p209
  • 第三部 自主性
  • 第十二章 適応と自律性 / p223
  • 一 適応型、アノミー型、自律型 / p224
  • 二 内部指向段階における自律型 / p232
  • 三 他人的指向社会での自律型 / p238
  • 第十三章 偽りの人格化-仕事の場面での自律性への障害 / p243
  • 一 仕事の文化的定義 / p243
  • 二 魅惑の追求、集団埋没、重要人物 / p245
  • 三 人格化過剰の社会 / p251
  • 第十四章 強制的な私生活化-あそびの場面での自律性への障害 / p257
  • 一 社交性の否定 / p258
  • 二 社交性と女性の私生活化 / p260
  • 三 社交性の詰め合わせ / p263
  • 第十五章 才能の問題-あそびの場面での自律性への障害(その2) / p256
  • 一 「もの」としての遊び / p266
  • 二 才能の諸形式 / p269
  • 三 仕事以外の相談係 / p278
  • 四 子ども市場の自由化 / p280
  • 第十六章 自律性とユートピア / p282
  • 訳者あとがき / p287
  • 註 / p9
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 孤独な群衆
著作者等 Riesman, David
加藤 秀俊
リースマン デイヴィッド
リースマン
書名ヨミ コドクナ グンシュウ
出版元 みすず書房
刊行年月 1964
版表示 上製版
ページ数 289p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-08363-4
NCID BN01204792
BN08976738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64001812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想