家族構成

戸田貞三 著 ; 喜多野清一 解説

制度の考察一辺倒だった研究のあり方を批判し、家族内部の集団的特質を考察することによって家族とは何か解明した、日本における近代的家族社会学の基礎を定めた名著。戦前の家長的家族の実態調査としても貴重であり、今日の家族研究にとっても不可欠の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家族の集団的特質(家族の性質に関する諸説
  • 家族の特質)
  • 第2章 わが国の家族構成(家族の内における人々と外にある人々
  • 家族構成員数
  • 近親者と家族構成員
  • 家族の構成形態)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族構成
著作者等 喜多野 清一
戸田 貞三
書名ヨミ カゾク コウセイ
シリーズ名 叢書名著の復興 12
出版元 新泉社
刊行年月 1982.7
版表示 新版
ページ数 404, 17p
大きさ 20cm
ISBN 4787701126
NCID BA53150446
BN01203687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82043705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想