AIビジョン : 90年代の技術と需要

ICOT-JIPDEC AIセンター 編

1995年、国内需要は6兆円へ!今後8年で20倍もの成長が見込まれるAIビジネス。伸びるのは機械翻訳か画像処理か?二百余の関係企業から得たデータをもとにAIの未来を徹底分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論
  • 第2章 AIの技術
  • 第3章 AIの需要展望(情報処理の現状
  • AI需要構造の分析
  • AI需要の展望)
  • 第4章 産業別AI需要の現状と見通し
  • 第5章 AI文化の確立に向かって(情報化社会とコンピュータ
  • 高度情報化社会とAI
  • AI文化の確立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 AIビジョン : 90年代の技術と需要
著作者等 ICOT-JIPDEC・AIセンター
通商産業省機械情報産業局電子政策課
ICOT‐JIPDEC AIセンター
書名ヨミ エイアイ ビジョン
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1987.7
ページ数 262p
大きさ 21cm
ISBN 4532087848
NCID BN01198882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87047736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想