川路聖謨

江上照彦 著

幕末の外交家・川路聖謨。微賎の出ながら破格の出世をし、対露北方領土交渉をまとめあげ、自らの信念によって徳川幕府崩壊に殉ず。感銘ほとばしる"男"の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人生の階段(微賎の家に生まれて
  • 大久保忠真の知遇をうる
  • 水野忠邦代わって首座へ
  • 蛮社の獄)
  • 2 遠国奉行遍歴時代(佐渡奉行へ栄進
  • 天保改革の一翼をになう
  • 阿部正弘の登場
  • 水野忠邦の復帰
  • ここでも因習打破と貧民救済を)
  • 3 中央官界の花形(ペリー艦隊来航
  • 烈公・徳川斉昭
  • 井伊直弼の開国論)
  • 4 北方領土のゆくえ(プチャーチン艦隊来航
  • 平行線のまま終わる
  • 日米和親条約の調印
  • 北方領土条約妥結)
  • 5 徳川体制内の政争(安政の大地震
  • 米駐日総領事ハリス来る
  • 日米通商条約勅許をめぐる紛争
  • 継嗣決定と反対派処罰
  • 安政の大獄
  • 桜田門外の変)
  • 6 斜陽に命を賭けた男

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川路聖謨
著作者等 江上 照彦
書名ヨミ カワジ トシアキラ
書名別名 Kawaji toshiakira
出版元 教育社
刊行年月 1987.4
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 431550579X
NCID BN01193798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87033101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想