日本官僚制の研究

辻清明 著

[目次]

  • 目次
  • 前編
  • 一 公務員制の意義と限界 / p1
  • 第一節 近代官吏制度の三つの發展過程 / p1
  • 第二節 この過程における公務員法の位置 / p25
  • 第三節 公務員制の意義と限界 / p38
  • 二 統治構造における割據性の基因-內閣制度の樹立と當時の世論を中心として- / p67
  • 第一節 問題の所在 / p67
  • 第二節 內閣制度の樹立 / p70
  • 第三節 內閣制度樹立を繞る當時の世論 / p77
  • 第四節 內閣制度樹立の政治的背景 / p99
  • 三 地方自治の近代型と日本型 / p129
  • 第一節 地方自治法の誕生 / p129
  • 第二節 近代的地方自治の槪念 / p137
  • 第三節 日本的地方自治の槪念 / p147
  • 第四節 地方自治法の內容と課題 / p156
  • 第五節 岐路に立つ地方自治法 / p169
  • 後編
  • 一 日本官僚制と「對民衆官紀」 / p177
  • 二 日本ファッシズムの統治構造 / p198
  • 三 公務員と市民的自由 / p241
  • 四 職階制の具體的科學性 / p249
  • 五 自然的反動と政治的反動 / p270

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本官僚制の研究
著作者等 辻 清明
書名ヨミ ニホン カンリョウセイ ノ ケンキュウ
出版元 弘文堂
刊行年月 1952
版表示 6版
ページ数 287p
大きさ 22cm
NCID BN01187514
BN08341113
BN11904892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52003638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想