造形芸術の記号論 : 作品と解釈

渡辺真 著

芸術作品が分るとはどういうことか。パース記号論を踏み台に、近現代の作品を分析し内在的価値を導き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 作品について語るための予備考察(なにかを表わすということ-C.S.パースの記号体系の吟味
  • 何であるかが解るということ-記号の認識論
  • 作品はどのように捉えられるか-造形作品の解釈モデルの仮構)
  • 第2章造形が提起する諸問題-絵の記号論的分析(絵はどのように情報を表わすか-挿絵の場合
  • 絵画と仮象性-レンブラントの『夜警』に見る場面性をめぐって
  • 色と形の関係形式-近代絵画と造形性
  • どのような立場で造形するか-実験か、デザインか、純粋造形か
  • 造形表現における否定性-現代美術の特異な側面)
  • 第3章 なぜ解釈しなければならないのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 造形芸術の記号論 : 作品と解釈
著作者等 渡辺 真
書名ヨミ ゾウケイ ゲイジュツ ノ キゴウロン
書名別名 Zokei geijutsu no kigoron
出版元 勁草書房
刊行年月 1987.4
ページ数 225p
大きさ 20cm
ISBN 4326151889
NCID BN01185836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87032270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想