藻類の生理生態学

W.M.ダーリー 著 ; 手塚泰彦 ほか共訳

本書は藻類の生理生態学的研究を、新しい成果まで含めて簡潔にまとめている。すなわち、実験的研究を重視し、制御された系での研究と野外研究の成果を統合することによって、実際の自然環境での藻類の増殖のしくみを明らかにし、その制御や利用について論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 藻類の概観
  • 藻類の生理生態学における諸概念
  • 植物プランクトン-その増殖を支配する環境要因
  • 植物プランクトン-個体群の動態
  • 底生藻類
  • 海藻類
  • 共生体
  • 土壌、雪および温泉中の藻類
  • 藻類と人類

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藻類の生理生態学
著作者等 Darley, W. Marshall
手塚 泰彦
渡辺 真利代
渡辺 泰徳
ダーリー W.M.
書名ヨミ ソウルイ ノ セイリ セイタイガク
書名別名 Algal biology
シリーズ名 基礎微生物学 9
出版元 培風館
刊行年月 1987.5
ページ数 199p
大きさ 21cm
ISBN 4563037990
NCID BN01184028
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87040350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想