恐竜の足跡

小畠郁生 著

この本には、動物としての恐竜の解説から研究史・発見史、そして最近の新説を加えた絶滅の要因論議まで含めた恐竜「像」と、科学の側での恐竜「観」まで恐竜の全てがまとめられている。

「BOOKデータベース」より

参考文献: p237~238

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 よみがえった竜-フタバスズキリュウの発見
  • 第2章 四大陸の恐竜たち
  • 第3章 恐竜に憑かれた男たち
  • 第4章 恐竜はなぜ絶滅したのか
  • 第5章 恐竜最新情報

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに / 3
  • 第一章 よみがえつた竜-フタバスズキリュウの発見- / 15
  • 少年と化石 / 17
  • 掘り起された謎 / 22
  • 次第に輪郭があらわれる
  • 追跡調査をつづける
  • 首長竜の特徴がそろう
  • 学会に報告する
  • 第二次発掘始まる
  • 「日本の首長竜」発見 / 30
  • サメと闘った証拠か?
  • 首長竜には円い胃石があった
  • 恐竜の時代 / 33
  • 三畳紀
  • ジュラ紀
  • 白亜紀
  • 恐竜世界の気象
  • 第二章 四大陸の恐竜たち / 45
  • アジア大陸 / 49
  • 大きな目の肉食恐竜 ユンチュアノサウルス
  • 最も首の長い竜脚類 マメンチサウルス
  • アジアのユニーク剣竜 トウジャンゴサウルス
  • 足裏に隠した鉤爪 ベロキラプトル
  • 雄と雌・卵も判明 プロトケラトプス
  • 中国の「恐竜の里」から ルーフェンゴサウルス
  • 全長わずか1.5メートル プシッタコサウルス
  • 鳥に似たケモノ竜 ガリミムス
  • 頭の前方に棘 チンタオサウルス
  • 死肉食のアジアの王者 タルボサウルス
  • 最大級のカモのはし恐竜 サウロロフス
  • ヨーロッパ大陸 / 74
  • とがった親指 イグアノドン
  • 速足のトリ竜 ヒプシロフォドン
  • 奇妙な装甲竜 アカントフォリス
  • 古くから知られた肉食恐竜 メガロサウルス
  • アルマジロに似た肉食恐竜 ポラカントス
  • 全長60センチの小さな肉食恐竜 コムプソナータス
  • 剣竜の祖先 スケリドサウルス
  • 跳びまわる肉食恐竜 サルトプス
  • 快足の小型肉食恐竜 プロコムプソナータス
  • 樽のような胴の恐竜 プラテオサウルス
  • アフリカ大陸 / 92
  • ビルの三階にとどく巨大恐竜 ブラキオサウルス
  • 背骨に二股の突起 ディクレオサウルス
  • 高い帆はラジエーター スピノサウルス
  • 角質のくちばし ディサロトサウルス
  • 群れをなした剣竜 ケントロサウルス
  • 空洞の骨をもつ恐竜 エラフロサウルス
  • アメリカ大陸 / 102
  • 群れで移動した大型恐竜 アパトサウルス
  • 巣で子どもを育てた ハドロサウルス
  • 恐ろしい爪の殺し屋 デイノニクス
  • 肉食恐竜の獲物にされた テノントサウルス
  • 死肉食であったか? ティラノサウルス
  • 大きな石頭恐竜 パキケファロサウルス
  • 突進するツノ竜 トリケラトプス
  • 第三章 恐竜に憑かれた男たち / 117
  • ヨーロッパ発掘史 / 119
  • メガロサウルスとイグアノドン
  • 肉食恐竜に追われたイグアノドン
  • 土砂に埋もれたプラテオサウルス
  • アメリカ発掘史 / 127
  • 恐竜の足跡
  • 恐竜研究のライバル
  • 恐竜でつくられた小屋
  • 恐竜国立公園
  • カナダ発掘史 / 140
  • 恐竜のミイラ化石を発見
  • 川を下る恐竜のミイラ
  • アジア発掘史 / 146
  • 炎の絶壁と恐竜の卵
  • 恐竜の墓場
  • 中国の恐竜
  • アフリカ発掘史 / 152
  • テンダグルのブラキオサウルス
  • 古い化石と新しい化石・足跡の発見
  • マダガスカルに恐竜を追う / 157
  • ひきさかれた大陸の謎
  • 日本調査隊の発掘-恐竜調査の実際 / 170
  • 第四章 恐竜はなぜ絶滅したのか / 181
  • 恐竜絶滅の謎をさぐる / 183
  • 種族老化説
  • アルカロイド中毒説
  • 伝染病説
  • 気温・水温低下説
  • 食糧不足説
  • 超新星爆発説
  • 隕石衝突説
  • 彗星遭遇説
  • 二六〇〇万年周期説
  • 酸素欠乏説
  • 熱風説
  • ストレス説
  • 卵どろぼう説
  • 海退説
  • 謎の解明と残された謎 / 202
  • 第五章 恐竜最新情報 / 209
  • 恐竜への関心 / 211
  • 身近になった恐竜たち
  • コンピューターによる恐竜復元
  • 恐竜はどんな生活をしていたか / 218
  • 卵の巣からわかる群れの構造
  • "足跡"にかくされた行動の実態
  • 日本にいた恐竜 / 224
  • 茂師竜
  • 御船竜
  • 山中竜
  • 日本の化石からの発想
  • あとがき / 234
  • 参考文献 / 237

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 恐竜の足跡
著作者等 小畠 郁生
書名ヨミ キョウリュウ ノ アシアト
書名別名 Kyoryu no ashiato
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1986.5
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4106003090
NCID BN01180639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86039805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想